お酒をやめてよかったこと

先日、相互読者になってくださったふなしさんのブログを読んでいたら、自分を省みて、情けなさのあまりに、布団の中でじたばたしたくなってしまうような記事がありました。

funashima.hatenablog.com

この記事にコメントさせていただいた流れの中で、お酒をやめてよかったことを考えるというのもアリだという言葉をいただき、ちょっと考えてみました。

 

いいこと・・・沢山ありますね。

多くの方が仰られている、体調がいい、寝覚めがいい、ご飯が美味しいとか。

あとは、イライラすることが激減し、家族(というか夫)に前より優しく出来るようになった、体調がいいから子供と本気で遊べる等もあります。

でも、断酒に対するやる気が一番出た、良いことは、日帰り旅行がしやすくなる!!ということです。特に、ひとりで行く日帰り京都旅行。

私は、大学時代を過ごした京都が大好きで、子供が乳飲み子だったときを除いて、2~3ヶ月に一回は上洛しています。ありがたいことに夫も、気分転換しなよ、と行かせてくれます。

大体子供と2人で行くか、たまーに家族3人で行くかんじですが、まれにひとりで行くこともあります。

うちから京都までは、車とJRの在来線で2時間弱なので十分日帰り圏内なのですが、車で行く部分を公共交通機関で、となると、うちがあるのが田舎なので電車の本数が少なかったりしてすごく大変です。

家族で行くなら私が飲んでも夫が運転してくれたし、子供と行くならさすがに飲まないので車と電車で行って帰ってきてたんですけど、ひとりで行くとなると、せっかく京都に来て美味しいもの食べるならもちろん飲みたい!となってしまい、泊まれる目処が立たないと不可能でした。ただ、当然ながら、泊まるととってもお金がかかるんですよねぇ・・・。

が!これからは飲まないから泊まる必要はない。泊まらないなら宿泊費が浮く!その分より良いもの食べたりお土産増やしたりできる!と、わくわくしてきました。

ただ、飲まない客が居酒屋とか割烹とかに行ってもいいのか、しかもひとりで、というのが少し気になりますが・・・。

とりあえず、今週末、家族で京都鉄道博物館に行くことになっています。

食べログの行ってみたい店リストから、ワインがぶ飲み系バルやら財布に優しい立ち呑み屋やらを削除し、子連れでも行ける、ちょっといい店をさがしています。今までの店選びの基準は、いかにアルコールコストが低いか!という点に重きを置いていましたが、これからは今まで候補に挙げていなかったような店も行けるかな?と楽しみです。

 

ふなしさんが仰ったとおり、ノンアル生活と楽しいことを結びつけるのは、断酒に対するポジティブイメージを持つのにとても効果的ですね。

皆さんのブログを読ませていただくと、本当に気づかされることばかりです。

今後も参考にさせて頂いて、断酒によるポジティブな面を探していきたいと思います。

ありがとうございます。