飲酒欲求を、受け流す

とりあえず、お酒なしで今日まで来れた訳ですが(特に今日という日に何か区切りがあって書いているわけではナイ)、やっぱり、飲酒欲求はふとした時に湧きます。

でも、別に湧いたっていいじゃない、本当に飲まなければ。と、その欲求を受け入れて、流すことにしようと、断酒一週間目くらいに思いました。

そして、昨日、飲酒欲求に対する罪悪感を捨てようと思いました。

この欲求は、先日コンビニで、昼ご飯にお餅入りの善哉を買おうとして、イヤイヤ、お餅はすぐお腹空くから昼ご飯には向いてない!食べたいけど!と思いとどまった時の、善哉に対する欲求と似ていると思ったからです。

お酒飲みたい、と思っても、実際飲んだらどうなるか、ちゃんと結果を考えて思いとどまれればそれでいいじゃないかと。

あぁ、今、私、お酒飲みたいって思ったなーと、自分で自分を眺めていれば、欲求に囚われてしまうことを避けられるんじゃないかと。

客観視して、気を紛らわすというか。

そうやって受け流して、やっていこうと思いました。