「いいな~」と「いいね!」

今日は本当にいいお天気で気持ちがよく、出勤時の運転中の考え事が捗りました。

 

今朝、昨夜の早寝のおかげで5時には目が覚めて時間に余裕があったので、某掲示板の某スレをROMっていました。

そしたら、近所のコンビニがなくなってお酒を買わなくなり禁酒ができたという人に対し、自分は近所にコンビニが3軒もあるからつい酒を買ってしまう、近所にコンビニない人が羨ましい、なんてレスつけてる人がいて、あー、ポイントはそこじゃないでしょ!人を羨むばかりで自分の問題を見ようとしないのってすごくみっともない!とか思いました。

でも、思い返せば、私も人を羨むことが多い。

飲酒でも、飲めない体質羨ましい~。適正飲酒できる人羨ましい~。断酒が何年も出来てて羨ましい~。

仕事でも、能力ある人羨ましい~。週3の仕事羨ましい~。義姉は同居でサポートあるから正社員で働けてお金持ちで羨ましい~。

他にも、背が高くて羨ましい~。美人で羨ましい~。若くて羨ましい~。海外旅行いけて羨ましい~。旦那さんの収入が多くて羨ましい~。住宅ローンなくて羨ましい~等々。枚挙に暇がない。

もう、なんてみっともない!!!

そういや、ちょっと前、バリキャリ教師の母親に、「いいな~。ばっかり言うんじゃない!羨んで聞こえて感じ悪いよ!せめていいねって言いなさい!」と言われました。

その時はむっとして(母がコワイので心の中で)「別に羨んでないし!褒めてるだけやん!」と言ったものの、ふと、それいいな~って言われた側にたって考えてみたら、反応に困るし、頑張ったからこの結果なんだよ!とか、大変なこともあって、別にいいことばかりじゃないし・・・とか言いたくなるかもなぁ・・・と思いました。いいな~って、言われた方も言った方も、もやっとした気持ちになる。

でも、それいいね!って言われたら肯定してくれてる感じがして嬉しい。言った方も、なんだか前向きな気持ちになる。

いいな~って羨んだってしょうがない。羨んだって、背は伸びないし、美人にもならない。若くもなれないしお酒が飲めない体質にもなれない。

それに、いいな~じゃなくて、いいね!っていうと、自分も実現可能なことかどうかの判別がつく気がする。

・飲めない体質、いいね!←体質変えられないからここで話終了。

・背高くて、いいね!←今更背伸びないからここで話終了。

・断酒3年、いいね!私もそうなりたい、がんばる!←努力しだいで実現可能なため、前向きな言葉が続く。

・痩せてていいね!私もダイエットしよう!←これも努力しだいで実現可能なため、前向きな言葉が続く。

いいな~って思ってしまったら、いいね!って言ってそのあと前向きな言葉が続くか考えてみる。続かなかったら、それはそれ。私、いいなって思ったな、でも私はそうじゃないし、そうはなれない。それは、その人固有のいいところなんだって思うことにしよう。

そうやって、自分の持ってないもの・今持ってないけど自分しだいで持てるものの判別をしていこう。

羨むんじゃなくて、伸びしろを見つける、みたいな。

飲酒とあまり関係なかったですね。

でも、断酒前なら考えられなかった。お酒ってホントこわい。

というか、こわいのは、お酒に逃げてた自分なんですけどね。

遅かれ早かれなにかしらの壁にぶつかって、考えなきゃいけないときは来たんでしょう。その壁が、お酒と自分の付き合い方だったんでしょう。

お酒に感謝!とは今は到底言えませんが、いつか、お酒でつまづいたからこそまともな人間になれたんだと思えるような時が来るよう、断酒の日々を重ねていきたいと思います。