しあわせお風呂タイム

お酒を控えるようになってから、長風呂するようになりました。

先月からはもう飲んでないので、いつも長風呂です。

だいたい30分くらい私が一人で入っていると、子供が自分で服を脱いで、トイレにも行って、お風呂に入ってくることが時々あります。

昨夜も、そうでした。

 

親たちの、金曜夜の解放感からくる穏やかな雰囲気が伝わるのか、子供もご機嫌で、湯船に浸かりながら楽しそうに、最近保育園の朝の会で歌っているという「どんな色がすき」を歌ってくれました。

うちの子の色のチョイスが、緑、紫、白で、なかなかハイセンスだなと思いました(←バカ親)。

 

ひとしきりクラスのおともだちは何色が好きかとか話をして、最近彼は自分でシャンプーハットをかぶって髪の毛を洗うようになったので、それを見守り、ふわもこネットであわあわにしながら体を洗うのを見届けてから夫にバトンタッチ、脱衣所で子供が出てくる前に身支度を済ませ、子供の体の身支度と歯磨き、寝かしつけをしました。

この効率の良さ。

そして、ほっこり暖かいお風呂でゆっくり子供の様子を見られること。

幸せだなぁ。

 

近頃の息子は、いろいろなことがどんどん自分でできるようになってきて、言葉も増えて、発達に少し心配があって療育にも通っている子なので、成長していくのがとても感慨深いです。

子供は、本当に、「希望」だなぁと思います。

大切な、大切な子。

それなのに、私はお酒ばかり飲んで、こういう時間を全然大切にしていなかった。

子育てがストレスで、いつも責任者であることに疲れて、何もかも忘れてぼぉっとしたかった。

私には母性がたりないとか、育児に向いていないとか、人間的なキャパが小さすぎるとかさんざん悩んだ。

というか、今もしばしば悩む。

でも、今の、お酒の影響がなくなったクリアーなあたまでは、もう少し前向きになれている気がします。

逃げないでちゃんと向き合って、あまり悩みすぎたり思いつめたりせず、適度にガス抜きするようにして、ゆっくりでも確実に日々成長している彼を、私もゆっくりと見守っていきたいです。

 

なかなか難しいですけどね。

まぁぼちぼちね。

いきなりは変われないですからね。

そんな思いに浸った、ノンアルな夜でした。

 

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村>