もう飲まなくていいんだ

おかしな話ですが、昨夜、お風呂を洗いながら、ふと思いました。

「私、もうお酒を飲まなくてもいいんだ!」と。
お酒を飲まなくてもやっていける、という意味ではなく、飲まずにすむんだという意味で。
 
もちろん、飲むことを強制されていたなんてことあるわけなく、自分ですすんで大酒飲んでいたくせに。
むしろ、飲み過ぎじゃない?とか言われたりしたら不機嫌になってたくせに。
おかしなことだ。
 
結構アル依あるあるですかね。
ちゅん太さんのブログにもあった、「お酒の奴隷」というの、こういうことなんでしょうね。
お酒やめたい、やめなきゃ、と思っているのに、どうしても飲まないと気が済まない、不安、落ち着かない。そんな気持ちで飲んでも全く味などわからないし、飲まねばという謎の義務感すら湧いて。
 
でも、こういう気持ちがとことん積もり積もって限界にまでこないと、やめられないものなのかも。
私の限界、やっときて良かった、やっとお酒から解放された。
解けてみれば、何のことはない、自分で勝手につけてた枷だったんだけど。
この枷を外す鍵は自分しか持ってないんですよね。
 
 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村