子の思い、母の思い

日曜、母と話していた時に言われました。

「あんたは子供のおかげで成長させてもらっているね。」と。

子供のおかげでちゃんと部屋を片付けるようになった、子供のおかげでこまめに掃除するようになった、子供のおかげで規則正しい生活が送れるようになったetc

以前の、酔っ払い脳の私に言われた時には、説教にしか聞こえませんでした。

今は、「ほんとそうやんな~」って素直に受け入れて、息子に対しても、そうやって思考のきっかけを与えてくれる母にも感謝できます。しらふの頭って本当にありがたい。

 

母は、「未だに、子供から学ばせてもらっている。」とも言っていました。

母曰く、弟(32歳独身・正社員として地元企業に実家から勤務・転職したい・結婚の予定なし)から、自分に自己肯定感がないのは、子供時代に愛情を受けて育っていないからだと言われたと。

弟はいろいろこじらせちゃってるから、弟自身もどうしたらいいのかわからなくて苦悩しているんだろうなぁと勝手に察しています。

ま、確かに、私も弟も、母から愛情深く育てられたかと言ったら、う~ん、どうかなぁって感じです。

母は、今でこそ退職して、週三日程、補助の教員として働くくらいですが、現役時代はそれはもう仕事人間でした(今でも、補助教員であっても全力投球)。

で、そんなところに、母が仕事をすることに理解があって育児のほとんどをしてくれる姑がいれば、丸投げしたくなる気持ちも、私自身母となりパートながらも仕事もする身となっては、わからんでもないのです。

母もたぶん、自分がそうだったことを反省している。だけど、やれる範囲で頑張っていたとも言いたいんだろうなぁと感じます。

母だって、いろいろある。

病気もしたし、仕事もあったし、大変だったんだよ。

だけど、弟には、それがわからない。いや、わかっているけど、言わずにはいられないのかも。

いろいろままならない状況やどうしようもない気持ちを、母のせいにしている。

正直、そうやって母を責められる状況にあること自体、すごく恵まれていて、愛されていると思うのです。

本当に愛情をくれなかった親に、そんなこと言えないんじゃないかな。

そして母は、自分の息子に「あなたの母としての自分に対する愛情がなかったから自分はこうなってしまった」と言われ、それに傷つき、しかし反省している。

私自身もそうやって母を責めたことがあったから、弟の気持ちはよぉ~くわかります。

ただ、弟ももういいトシなんだから、いい加減、自分の自信のなさを人のせいにばっかりしてないで、己の思考を変えるか、どうしたら自信をつけられるのか考えて実行しなよ、とも思います。

でも、そんなこと言えっこないし(^^;

そして、私が言ってもしゃーない、本人が気づいて、自分で自分の気持ちに折り合いをつけないといけない話です。

断酒と同じですね。

 

それにしても、「お母さん」って、本当に大変だ。

責任重すぎ。そういや、男の子って、女の子より何倍も、お母さんの愛を必要とするとか何かの本で読んだなぁ。


でも、あんまり、お母さんを責めないでほしい・・・。

お母さんだって、限られた時間の中で、苦悩しながらも最善を尽くしているんだよ。

お母さんにだって、いろいろ事情があるんだよ・・・。

だからって、愛情を伝えること、表現することに手を抜いてもいいって話にはならないけれど。

私だって、私なりに精一杯やっているつもりだけど、息子が大きくなった時に、愛情が足りなかったって言われたらどうしよう。

本当に、なにをどうするのが正解なのか、わからない。子育てって難しい。

 

自分が母になってやっと、少しずつ母の立場になって考えられるようになって、母に対するわだかまりが少しずつほどけてきた、だからお酒をやめようという気になれたんだと思う。

確信を持って、確かに愛情をたっぷりもらった!とは言えないけれど、少なからず愛されていたと思うことはできるから。

やっぱり、母の言う通り、息子のおかげで私は成長させてもらっている。

母はどう思っているかはわからないけれど、とりあえず、子供を育てるということについて、母とゆっくり話せるようになったことは、子供としては嬉しいかな。

私の救いは息子にあったと言えるけれど、弟の救いはどこにあるんだろう。

ま、私みたいにお酒に逃げたりしない強い子だから、きっとなんとかするだろうと思っています。

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村