読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断酒のおかげ

ここのところ、失敗続きだった私。

ひとつひとつは小さなことだけど、それが積もり積もって、ついに今日ボスが大きなため息をつきました。

私も、そんな自分にうんざりで。

泣けてしまいました。めそめそ。

ボスがいい人だからこそ、余計申し訳なくて情けなくて。

いたたまれなくなって、つぶやきました。

そしたら、声をかけてくださる方がいて、本当にありがたかったです。

その優しさにまた泣けたんですが、仕事はたくさんあるし、泣いてちゃまたミスしちゃうし、と気持ちを切り替えることができました。

まぁ仕事中にずっとしくしく泣いてる訳にもいかないし、当たり前のことなんですけど、いままでより引きずらなかったなと。

飲んだくれのころなら、また仕事に取り掛かっても、うじうじをひきずってるからまたミスっちゃう、で、また落ち込む。で、家帰ってやけ酒飲む、みたいなことになってました。

 

お酒をやめて3か月経って、やめた頃の、「断酒の万能感」みたいなのはなくなってきて、素の私の問題点が明らかになってきたかなと思います。

今日のことにしたって、飲んでた時も、やめてる今も、うっかりミスが多いことは変わらない。

やめた頃は、その数とやらかしの程度がましになったから、断酒ってスゴイ・・・!と思ったけれど、飲んでないことに慣れてくると、ミスをなくすことはできない、むしろ飲んでなくてもいろいろミスをしてしまう自分に気づかされる。

飲んでるからだめなんだと思ってたけど、どうやら素がこういう人間らしい。

お酒を飲みすぎることが問題だったんじゃなくて、問題があったからお酒をさんざん飲んでごまかしていたんだ。

結局そうなんだ、飲んだって、何も解決しない。

問題は、ずっとそこにある。酔っぱらって見えなくしていただけで。

 

断酒は万能ではない、けれど、断酒しているから気づけるし、逃げないで問題と向き合っていこうと思える。

私には、つらいときにつらいと言える場所ができたから、向き合おうと思える。

泣いててもなにも始まらないしね。

見えなくしてみたって、問題はなくならない。

ならば前向きに、建設的に対応しようではないか。

 

落ち着いて、ひとつひとつやればいけるって、言ってもらいました。

みんなミス、たくさんするんだって。そんな日もあるって。

私だけじゃない、私はひとりじゃない。

ありがとうございました。

また同じようなことで落ち込んで弱音を吐くかもしれません。

でも、あきらめたりはしないので、どうかこれからもよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村