読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

直していこう

最近思ったこと。

アルコール依存症者において「お酒」が主の問題である人って、じつは少ない、もしかしたらいないんじゃないか。

お酒による躓きは、表層で、その下に本当の問題が隠れていることが殆どなんじゃないか、と (不勉強なので、当然の常識だったらすみません)。

 

私の心には瑕疵があって、ある日、それをお酒がすうっと満たしてくれて、隙間が埋められた、直されたと感じた。その時依存が始まったんじゃないか。

だけど、じつはお酒はその瑕疵から内部をじわじわと侵食していって、気づかないうちに心がのっとられてしまう。

瑕疵は、もちろん直されない、だって有害なんだから。

お酒に瑕疵も心もすべて覆われてしまって、いつの間にか、見えなくなってしまう。

だけど、ずっと疼いていて、でも、それがなぜなのか分からない。お酒が足りないのか?だったらもっと飲まないと、もっと、もっと…。

だけど、目の前は暗くなっていくばかり。つらいことばっかりだ。

ふと、毎日こんなに沢山お酒を飲んでいるから毎日体調が悪い、だから辛いんだ、お酒が全部悪いに違いないと思った。

それで、お酒をやめてみたけれど、そしたらそこには無数の瑕疵があることが分かった。

 

あまりに長くお酒で覆い続けると、堅牢になってしまった覆いをはずすことが大変、瑕疵を認識するまでに大層時間がかかってしまう。あるいは、なにもかもが一体化してしまって、もうはずせなくなってしまうかも。

覆いをはずしてからでないと、瑕疵は、直せない。

直そうと思えるのはお酒による害が解消されてきたからかな。

 

覆いがはずれて分かった私の瑕疵。

そんな自分をどうしようもないだめな人間だって思う日もあるけれど、諦めたくない。

自分を、幸せになるにふさわしい人間だと思えるよう、直していきたい。

そしてそれは、自分ひとりでやるしかない、孤独な作業だと思っていたけれど、そうではないんだなと思うこの頃。

 

Coldplay - Fix You - YouTube

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村